火災を予防するために|不動産を探している方は東宝ハウス湘南へ│災害に備える対策もしよう
家

火災を予防するために

男性

現在、在住している家が木造建築で、併せてそのような住宅が密接した環境に住んでいる方は、日本では珍しくありません。東宝ハウス湘南でも紹介されている木造建築は日本の伝統的な建築様式であり、夏場は涼しいといったメリットもあります。しかし、反対に一度火災が発生すると火が燃え広がりやすい環境でもあり、その点に注意して暮らす必要があります。東宝ハウス湘南を経由して物件を購入していようと、他の家の火災はほとんど防ぎようがありません。しかし、自分の木造住宅の火事はある程度予防することができます。そのため、自宅でできる火災対策について知っておくといいでしょう。たとえば、家の外に燃えやすいものを置きっぱなしにしないことが大切です。なかには、家庭ごみを自治体の指定日以外の日に置く方がいるかもしれません。ごみ出しの曜日と時間帯が指定されている理由は、小動物がごみを漁るのを防ぐ目的もありますが、放火予防にもなるためです。たとえ放火に遭わなくても、何らかのきっかけでゴミが発火する可能性もあります。そのため、東宝ハウス湘南に紹介してもらった家に住むとしても、ごみ出しはきちんと指定日の時間帯にするようにしましょう。また、地域自治体が発行している危険度マップを見てみるのもいいでしょう。危険度マップとは、地震やそれに伴う火災で被害が出やすい地域を色分けした地図です。自分が住んでいる地域が分かりやすく色付けされているので、現在住んでいる木造住居の安否を確認することができます。住宅の購入前に東宝ハウス湘南のスタッフに、災害時の自宅の強度について尋ねておくのもいいでしょう。このように、常日頃から火災対策を怠らないようにすることが大切です。