立地を重視して決めよう|不動産を探している方は東宝ハウス湘南へ│災害に備える対策もしよう
家

立地を重視して決めよう

模型と鍵

長期間大雨が続いたときに発生しがちになる災害といえば、土砂災害でしょう。土砂災害といえば、がけ崩れをイメージする方が多いですが、それ以外にもいくつか種類があります。がけ崩れの被害に遭う家の多くが、急傾斜地に立地しています。そのため、東宝ハウス湘南に住宅を紹介してほしいと考えている方は、そのような立地から離れた場所を選ぶようにしましょう。また、土石流も土砂災害の一つに数えられており、その被害範囲が広いことが特徴として挙げられます。そのため、たとえ傾斜地に住んでなくても、被害に遭う可能性があるのです。土石流が発生しやすい渓流としては、過去にも土石流が発生したところは危険と言われています。そのため、事前に東宝ハウス湘南のスタッフに、そのような場所の住宅は避けるようにお願いしておきましょう。さらに、たとえ緩やかな斜面に住んでいても、警戒は怠らないことが大切です。特に地滑りが起こったときは地盤が歪んで、家ごと動く現象が起こります。地滑り発生の直前には、道に亀裂が入るなど特殊な事象が起こるので、土地購入の際は、このような点が無いか東宝ハウス湘南のスタッフとよく確認しておきましょう。また、各都道府県が情報ポータルサイトを運営しており、土砂災害が発生する可能性が高い地域を地図で紹介しています。市町村ごとのハザードマップもあるので、これを参考にして土砂災害から身を守ることが大切です。東宝ハウス湘南に紹介してもらった物件で気に入ったものがあれば、立地を確認するとともにこのようなマップも見てみるのをおすすめします。